知的遊戯の部屋

~パズルとクイズと雑学とをあなたに~

🎩🔎 長束ブログ/NAGATSUKA BLOG 🔍🎩

『IQ148 ~Puzzle&Quiz~』-カクヨム

カクヨムサイトにて、掲載中!

一読お願い致します。(*当ブログと一部重複しているものもあります)

kakuyomu.jp

 

気まぐれ雑学セミナー/Whim trivia Seminar

カクヨムサイトにて、掲載中!

kakuyomu.jp

📕あて字辞典📕 ~Substitute character dictionary~

  • まえがき
    • 【あ】
    • 【い】 
    • 【う】
  • 作者から

まえがき

 

 小説を読んでいると、よく当て字が出てきます。
 当て字を使うので有名な作家と言えば、夏目漱石泉鏡花
 推理作家では、小栗虫太郎夢野久作。近年では京極夏彦
 明治、大正、昭和の文豪の作品の中には、必ずといっていいほど当て字が使われています。

 当て字とは、
和語・外来語の書き表し方で、漢字本来の意味には関係なく、その音訓を借りてその語の表記に当てた漢字。
 または、和語・外来語で、漢字の音訓には関係なく、意味が似ていることなどから、ある語を二字以上の漢字を使って漢熟語の形(あるいは、それに準ずる形)で書き表したもの。(広辞苑 第六版より抜粋)
のふたとおりがあるようです。

 当て字は、「(当座の)字を当てる」という日本語の表現に由来した概念であり、通例は漢字の転用について言います。

 漢字の字義を無視し、読み方のみを考慮して漢字を当てる場合(借字)
 漢字の読み方を無視し、字義のみを考慮して漢字を当てる場合(転注)

 当て字には、『学年別漢字配当表』(教育漢字)や『常用漢字表』に掲載されていない漢字や読みを使うものが多く、その場合、マスコミ等では法令の定めにより使用することを原則として避けています。

 物書きとしては当て字は、切り離せないアイテム。
 でも、当て字ばかり使うと読みにくくなるのも事実です。
 物語の文脈を考えて、効果的に当て字を使うのが望ましいと思います。

 ここにあげる当て字は、たくさんある当て字の中でも、使用頻度が高い、若しくはよく目にする。その中から作者自身が独断で選出したものを辞書形式に纏めました。
 
 少しでも、執筆時の参考・手助けになればと存じます。

 

続きを読む