知的遊戯の部屋

~パズルとクイズと雑学とをあなたに~

🎩🔎 長束ブログ/NAGATSUKA BLOG 🔍🎩

同音異義語

同音異義語とは、同じ発音で意味の異なる言葉ですが、

同音異義語で、最も多いと言われているのが、

『こうしょう』です。

 

例えば、

「校章」:〘名〙学校の記章。

「交渉」:〘自他サ変〙取り決めをするために、相手と話し合うこと。

「高尚」:〘名・形動〙知性の程度が高く、気品があること。

「考証」:〘名・他サ変〙文献や事物を調べ、古い事柄を実証的に説明すること。

「公称」:〘名・他サ変〙①表向きそのように発表すること。 ②おおやけにそう称すること。また、その名称。

「厚相」: 厚生大臣の略称。

「公証」:〘名〙特定の事実や法律関係をおおやけの機関が証明する行政行為。不動産登記・選挙人名簿への登録など。

「口承」:〘名・他サ変〙口から口へと代々語り伝えること。

「公傷」:〘名〙①公務中に生じたけが。⇔私傷 ②大相撲で、本場所中の取り組みで生じたけが。

「好尚」:〘名〙このみ喜ぶところ。嗜好。

 

など、その数なんと四十九語(広辞苑第六版調べ)もあるそうです。