読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的遊戯の部屋

~パズルとクイズと雑学とをあなたに~

🎩🔎 長束ブログ/NAGATSUKA BLOG 🔍🎩

間違って使っていることわざ

世の中、間違って使われていることわざがたくさん有ります。

たとえば、「二の舞を踏む」、この「二の舞を踏む」という使い方は間違いで、

「二の舞を演じる」というのが正しい言い方なのです。

 

なぜこのようなことがおこるのか?

 

これは、「二の足を踏む」。

または、「轍を踏む」。

 

という言葉との混合によるものだと推測できます。

 

「二の舞」とは舞楽で、案摩(あま)の舞に続いて、真似て舞われる滑稽な所作の舞が二の舞です。

そのため「二の舞を演ずる」とは、だれか人の後に出て、その真似をすることや、前の人の失敗を繰り返すなどを意味するようになった言い方です。

また「二の足を踏む」という言い方もありますすが、これは踏み出すことをためらったり、尻込みしたりするの意味になり意味が少し違います。